LEO Pharma A/SとJT、 JAK 阻害剤「JTE-052」についての ライセンス契約を締結

本件は2014年11月4日付でデンマーク本社より配信されたプレスリリースの内容に基づいています。英語版はwww.leo-pharma.comからご覧いただけます。
(参考資料:デンマーク本社発プレスリリースの日本語訳)

(デンマーク、バレラップ/東京発 - 2014年11月4日)
LEO Pharma A/S(以下「LEO Pharma」)と日本たばこ産業株式会社(本社:東京、社長:小泉光臣、以下「JT」)は、JTが開発を進めてきたJAK 阻害剤「JTE-052」について、日本を除く全世界における皮膚外用剤としての独占的開発・商業化権に関するライセンス契約を本日締結しました。

JTE-052は、細胞内の免疫活性化シグナル伝達に重要な役割を果たすヤヌス・キナーゼ(JAK)の働きを阻害し、免疫反応の過剰な活性化を抑制することで、自己免疫・アレルギー性疾患を改善することが期待されます。JTE-052の炎症性皮膚疾患を対象とする外用剤は、現在日本において第Ⅰ相臨床試験の段階にあります。

今回の契約により、今後海外においてはLEO Pharmaが開発を行っていくことになります。また、JTはLEO Pharmaから契約一時金を受領するとともに、今後の開発の進捗に応じたマイルストーン、また、上市後には売上高に応じた販売マイルストーン及びロイヤリティを受領することになります。

LEO Pharmaのグローバルディベロップメント担当上級副社長のKim Kjoellerは、次のように述べています。「今回の提携が皮膚疾患に悩む方々のために新しく、安全で効果的な治療法に道を開くことに大変期待しています。JTE-052は、炎症性皮膚疾患の外用剤治療薬中、最良の治療薬になる可能性があるばかりではなく、LEO Pharmaにとっては将来全く新しい治療法開発のためのプラットフォームを提供することを期待しています。JTとの本提携は、人々が健康な肌を手に入れるための手助けをするという弊社のミッションを推し進めるためのグローバル戦略に沿ったものです。革新的な医薬部門を持つ国際的企業との提携により、皮膚科学ケアの領域をさらに広げ、皮膚疾患に悩む方々の生活を変えられる治療法の開発をめざします。」

JTの執行役員医薬事業部長の藤本宗明は、「皮膚疾患領域のグローバルリーダーであるLEO Pharmaとの提携は、世界の患者さんのために革新的な新薬を開発するという我々のビジョンにおける重要な一歩となりました。皮膚疾患領域で高い科学的・臨床的専門性を持つLEO Pharmaとのパートーナーシップにより、JTE-052が皮膚疾患治療における重要な薬剤になることを期待しています」と述べています。


LEO Pharma A/S について
1908年創業のLEO Pharma A/Sは、世界100ヶ国以上で製品を供給している皮膚科領域専門の製薬会社です。LEO財団の所有による研究主導の製薬会社であり、長年にわたる研究開発により、皮膚疾患に悩む患者さんが健康な肌を手に入れるための手助けをしています。本社はデンマークにあり、世界中で約4,800人の社員を擁しています。
詳しくは、www.leo-pharma.comをご覧ください。


日本たばこ産業株式会社について
日本たばこ産業株式会社はグローバルたばこメーカーであり、その製品は120ヶ国以上の国で販売されています。また、医薬事業、飲料事業、加工食品事業を中心としたさまざまな事業活動をおこなっています。医薬事業へは1987年に進出し、主に「糖・脂質代謝」、「ウイルス」、「免疫・炎症」領域で新薬の研究開発に取組んでいます。日本における当社医薬品の製造および販売は、グループ会社である鳥居薬品株式会社が担っています。
詳しくは、www.jti.co.jpをご覧ください。

LEO Pharma

レオ ファーマは研究開発志向型の製薬会社です。

1908 年創業のレオ ファーマは、研究主導の製薬会社です。皮膚疾患の治療薬を開発・製造し、世界130カ国以上で販売しています。

私たちは、「世界中の人々の生活改善に貢献する皮膚科領域のケアパートナーになる」ことを目指した事業活動を行っています。このビジョンの実現のため、私たちは新たな地域や市場への進出に努め、いまだ満たされていない医学的ニーズに応える競争力のある医薬品と治療法を、さらに多くの患者さんや社会へとお届けします。

本社はデンマークにあり、レオ財団が所有しているため、安定的な経営を可能にしています。レオ ファーマは世界61ヶ国に自社の販売拠点を展開し、6,000 名余りの社員を雇用しています。

Serverside rendering