【皮膚の基礎知識】
皮膚とは

人体最大の器官をご存じでしょうか?
実は皮膚なのです。
人間の皮膚の面積は大人で約1.6m²とされています 1)。
これは畳1枚分とほぼ同じ大きさです。

皮膚にはさまざまな機能があります 1,2)。

  • 細菌、真菌(カビ)、ウイルス、紫外線などから身体を守るバリア機能
  • 日光に当たることで、身体に必要なビタミンDなどをつくる機能
  • 汗などを出す分泌機能
  • 熱い、冷たいなどを感じる知覚機能
  • 体温調節機能 など

これらに加えて、
皮膚には人間最大の免疫器官としての役割があります(免疫機能) 2)。
体外から侵入した細菌等の外敵に対して、
免疫細胞が働いて攻撃したり排除したりします。

このように、皮膚は見えないところで
人体を守るための役割を担っています。
さまざまな情報を与えてくれる皮膚は
“全身の鑑<かがみ>”といわれ 2)、
身体の状態を表しているともいわれています。

【参考文献】
1) 清水宏:新しい皮膚科学 第3版, 2018, p.1, 中山書店, 東京
2) 椛島健治:医学のあゆみ 2012, 242(10), 771-773