【トピックス(4)】
世界乾癬(かんせん)デー

乾癬(かんせん)は、頭や全身の皮膚に赤い発疹ができ、一部の皮膚がかさかさになって剥がれ落ちる慢性の皮膚疾患です。乾癬は「かんせん」という言葉の音から“感染するの?”と誤解されがちですが、まわりの人にうつることはありません1)。
乾癬についてはこちら

毎年10月29日は「世界乾癬デー」
IFPA(国際乾癬患者団体連盟)が2004年に、全世界の乾癬患者さんのための日として、毎年10月29日を「世界乾癬デー(World Psoriasis Day)」と定めました2)。日本でもINSPIRE JAPAN WPD 乾癬啓発普及協会が中心となって、乾癬という病気の認知向上のためにさまざまな活動が行われています。

2021年のテーマは「UNITED」。キー・メッセージは「認め合おう、みんなの思いをひとつのパワーに!」です。多様性を認め合い、心を合わせることでもっと強くなれる。このメッセージにはそのような思いが込められています3)。

乾癬で悩んでいる人は
あなただけではありません

乾癬はまだ一般にはあまり知られておらず、周りの人に相談できない、理解してもらえないなど、一人で悩み苦しんでいる患者さんがたくさんいます4)。あなたは一人ではありません。 “仲間や情報とつながる”ことで前に進んでいきましょう。

【参考文献】
1) 日本皮膚科学会:皮膚科Q&A 乾癬. Q4. うつりませんか?
  https://www.dermatol.or.jp/qa/qa14/q01.html
2) 乾癬啓発普及協会:世界乾癬デーとは
    https://www.inspirejapan-wpd.net/world-psoriasis-day/
3) 乾癬啓発普及協会:HIGHLIGHT
    https://www.inspirejapan-wpd.net/
4) 乾癬啓発普及協会:乾癬とは
    https://www.inspirejapan-wpd.net/psoriasis/